保険金の基準には、自賠責保険の基準・任意保険会社の基準・裁判所の基準というものがあることをまずはしっかり理解しておきましょう。保険会社というものはそもそも交通事故被害あった人に対して、まともにお金を支払いしたいとは全然思っていないのです。任意保険会社の基準は、利益を得たいために自賠責保険の基準の範囲内の金額だったりすることもあるようです。それでもこの額の差にはじめての体験なので気付かないケースも結構あるようです。

自賠責保険というのは、最低限の補償をするために強制加入になっているための保険なのですから、最低限の補償額に過ぎないのです

弁護士に依頼することにどのようなメリットがあるのかといえば、 弁護士依頼の行為によって、裁判所の基準で示談交渉をすることになるということを保険会社の方があらかじめ知ることになり、簡単に大幅増額してくる可能性も充分にあり、その差は2倍になることもあると言います。保険会社はつまり弁護士に依頼しない限り、素人相手なのでいい加減に扱っておけばいいと安易に考えているのです。

何しろ保険会社も儲けを出さなければならないので仕方ないと言えば仕方がないのかもしれませんが。でも同じ交通事故被害なのになんでこのような差が誕生しなければならないのでしょうか。