交通事故被害あった人たちは、もう既に当たり前のように弁護士に相談しようとする気持ちを持つようになって来ました。交通事故被害あった人が、弁護士に相談することには様々なメリットがありますので、それを今一度整理しましょう。とにかく交通事故被害にあって、現在頭もパニック状態かもしれません。そのような時、示談のため相手としっかり向きあいましょうというもののほとんど無理なのです。

そのような時だからこそ弁護士という存在を有効的に利用したいのです。ほとんどの人たちが、交通事故にあうこと自体はじめてで、何からはじめていいかが全く判らないのです。まず、そのような人たちがしなければならないのは、弁護士に相談するモチベーションでいいのです。

更に弁護士に相談することによって、みなさんは期待している以上の多くの賠償金を得ることが出来るでしょう。もしもみなさんが弁護士に相談しないで、自分で示談をしようとしたとき、保険会社が自社の基準(任意保険会社の基準)で慰謝料等を算出して計算しようとします。それでも自分で頑張って示談した場合、計算して並べられた数字を見れば満足感を味わうことが出来るかもしれません……。でもそこには大きな罠があります。