交通事故の示談交渉のとき、弁護士に依頼することでどれだけのメリットがあるのかについて正しく理解をしてください。その交渉とは、加害者相手に対して事故の損害賠償請求をする手続きのことです。

みなさんが、事故に遭ってそのようなものをもらう必要がないと言えば話しはそれで終わりです。でも、100%の人たちがそれでいいとは思っていないでしょう。事故に遭ってしまうことによって、被害者となり、多くの損害が発生してしまうことになります。

車がこわれたら修理費用や、買い換え費用を支払いしなければならないですし、 怪我をしたら入院通院の治療費や入院雑費、看護費用や通院交通費の支払いをしなければなりません。後遺障害が残った時や、もしも死亡してしまった時のことも私達は想定して行動をしなければなりません。そのようなとき、基本は、相手との話し合いで決定事項が決められていくことになります。事故に遭ってしまったら、保険会社とそのような交渉を自身で一生懸命している人もいるようです。

それは被害に遭った人が受けとることが出来る損害賠償金として考えることが出来ます。一方では慰謝料というものもありますが、イコールと思っている人たちもいるかもしれません。

治療費や通院交通費などの実費や休業損害、逸失利益というものについての損害も考える必要があり、そのようなものは慰謝料として考えるのは妥当ではありません。

「示談」には慰謝料もそれ以外の損害賠償部分も含まれて来ます。